News 新着情報 2018

2018.02.14 第7回定期演奏会 NIGHTオカリナ楽団 川口リリア公演御礼

 リハーサル ※1
 NIGHTオカリナアンサンブル ※1
 楽器紹介 ※1
 NIGHTオカリナ楽団 ※2
 田島篤氏 ※2
第7回定期演奏会
NIGHTオカリナ楽団 川口リリア公演御礼


2月12日(月)祝日に、埼玉県川口総合文化センターリリア音楽ホールにて、NIGHTオカリナ楽団は、第7回定期演奏会を開催いたしました。

大勢のお客様をお迎えし、1部は、NIGHTオカリナEnsemble(7重奏)の公演です。オカリナという音程を自由に作ることができる楽器、言い換えれば、音程が不安定な楽器、これを駆使してひとつひとつのハーモニーを大切に奏でるNIGHTオカリナEnsemble。2014年ホンソン国際オカリナコンクールにおける花形部門「7重奏の部」でグランプリを獲った実力を存分に発揮しました。綺麗な純正律のハーモニーは、チューナーメーターに頼ったピッチ通りに演奏しても奏でられません。また、ホールの構造、その日の気温やお客様の人数等々の環境によっても「音」は変わってきます。そんな繊細な調整を涼しい表情でこなすメンバー。お客様にとって、7重奏は、音のハーモニーを感じやすい演奏ではないかと思います。メンバーの鈴木恵美さんから「皆さんも、オカリナのお仲間と一緒に演奏をお楽しみください!」とオカリナ合奏の「お勧め」もありました。お教室やサークルでオカリナをお楽しみの皆様、せっかく、お仲間がいらっしゃるのですから、是非、合奏にチャレンジしてみてください!

1部終了後は、約10分ほど弊社社員納谷、菅野による音楽漫談のお時間。今年のネタは…、まだ、日暮里公演も控えてますので、ここでは、内緒にしておきます。でも、冒頭のあれが…???あれなの…???。えー!!!という感じです。気になる方は、日暮里公演でお待ちしております。いやいや、「乗りツッコみ」の「乗り」が長くなってしまいました。本当は、真面目に、オカリナや楽譜、関連商品をご紹介するコーナーです。心優しい、温かいお客様に見守られる中、面白おかしく、ご説明させていただきました。

そして、2部はNIGHTオカリナ楽団の演奏です。「真打ち」田島篤氏の登場です。だから、落語家ではありません!音楽家、常任指揮者の田島篤氏の登場です。楽団演奏は、オカリナの数が多いので、7重奏に比較して、やはり、迫力があります!また、演奏するオカリナの数を調整して、音量の大小を使い分けています。オカリナはなかなかダイナミクス、強弱変化が付けにくい楽器です。ソロ演奏では、限りなく「できない。」に近い楽器です。しかし、オーケストラという大合奏だと、これが可能になってきます。ダイナミクスのあるオカリナ演奏は、オカリナオーケストラの最大の特徴だと思います。

こうして、笑いあり、手拍子あり、拍手あり、歌声あり、勿論、オカリナのハーモニーをしっかり感じる時間ありのNIGHTオカリナ楽団の定期演奏会川口リリア公演を盛況に開催することができました。川口リリアにご来場くださった皆様、ありがとうございました。心より、御礼申し上げます。

同一演目の日暮里サニーホール公演のチケットは、まだ、若干残っているようです。そうそう、演目は一緒ですが、田島篤氏のトークは、同一ではありません。台本がないので、同一に出来ません。(ご本人談)ちょっと行ってみようか!?と気になり始めた方は、どうぞ、お早めにチケットをお求めください!

詳細は、 こちら です。
※1写真提供 照山恵美
※2写真提供 石原和征