ナイトオカリナのホームページ

株式会社大塚楽器製作所のコーポレートWebサイトです。

2010.10.10 フィオレットモデルチェンジのお知らせ
フィオレットイメージ

2011年10月10日より、ナイトオカリナ「FIORETTO」(フィオレット)の SC調/SG調/SF調/AC調/AC調ノーマルブレス仕様/がモデルチェンジしました。
オカリナを徹底的に追及し、「FIORETTO」(フィオレット)の格調高い音色そのままに、 3つのポイントが改良されました。

改良ポイント1「オカリナ内部構造の徹底的な効率化」

オカリナ内部構造を徹底的に検証し、より効率良く吹き手の息を音に出力する設計に改良しました。 これにより、高音がよりクリアーになるとともに、息圧のスピードが落ちにくく、音程が下がり難く なりました。オカリナ愛好者の多くの方が課題としている高音の響きをサポートしてくれる設計です。

イメージ図 従来
イメージ図 NEWモデル

改良ポイント2「背面に「超極薄塗装仕上げ」の技術を採用」

オカリナの調整でもっとも繊細な部分が歌口です。 この歌口は、ミクロンの単位の塗膜にさえ影響を受けます。 そこで、影響の少ない「超極薄仕上げ」をオカリナ背面に施しました。 この塗装は、熟練の塗装技術を要します。 歌口調整の匠の技と、塗装技術の匠の技のコラボレーションの実現となりました。 その結果、「背面がマット調で持ち易く、かっこ良い。」 「より土のあたたかみある音色になった。」など、オカリナプレイヤーや、 講師の方々から大変な賛同をいただいております。 超極薄仕上げは、「音の価値を高める。」技術となりました。

イメージ図 従来
イメージ図 従来

改良ポイント3「細くなったオカリナ先端部」

高音演奏時にオカリナを支え易くするために、オカリナ先端部を細くしました。 オカリナは、高音になるにつれ、トーンホールから指が離れ、支え難くなります。 オカリナ先端部を空いている指で支えることで、オカリナが安定し、操作性が向上します。

イメージ図 従来
イメージ図 従来

こちらからリーフレットのPDFもご覧いただけます。
▶リーフレットPDFはこちら

2011年10月10日 株式会社大塚楽器製作所

ページトップ